飛距離をアップさせようとして、

一生懸命右手を返している人を見かけます。

 

 

右手で返しているうちは、

ヘッドスピードは上がらず、

飛距離アップできません。

 

 

なぜか?

 

 

こちらの動画をご覧ください。

 

 

スイングは一瞬で終わります。

 

 

それなのに右手で返そうとすると、

かなり早い段階で返そうとしないと、

開いたフェースが戻らずスライスしてしまう。

 

 

また、クラブの長さでもタイミングが違う。

 

 

右手をタイミング良く返せても、

コックが早くほどけるので、

体からヘッドが遠くなる。

 

 

ヘッドが遠くなるということは、

ヘッドスピードは遅くなる。

 

 

フィギュアスケートのスピンと同じで、

回転軸に近い方がスピードが速い。

 

腕を広げると回転が遅く、

縮めると速くなる。

 

 

腕が回転軸から遠いところにあると遅く、

近いと速くなる。

 

 

ゴルフも同じで、速く振ろうと思ったら、

なるべく体に近いところを

クラブが通過するようにスイングするようにする。

 

 

それには、左足の踏み込みと、

左足の蹴りが重要だということです。

 

 

この左足の蹴るタイミングは、

練習しないとできません。

 

 

でも、練習場に行かなくてもできますね。

 

 

鏡などの前で、インパクトの瞬間、

左ひざが伸びた状態になるように

素振りしてみてください。

 

 

ヘッドが勝手に返り、スピードが加速する

これが実感できると思います。

 

 

最後に、村主章枝さんの現役時代の

超高速スピンの動画をご覧ください。