筋トレする必要はありませんが、

テクニックばかり身につけようとしても、

飛距離アップはできません。

 

もちろん飛距離をアップさせるためには、

体の回転を速くしなければいけないのですが、

 

そうするとクラブフェースが開いたままインパクトしてしまい、

スライスやプッシュアウトが多くなってしまいます。

 

それをアドレスで改善できるので、

まずは、下の動画を3つともご覧ください。

 

 

 

 

ドラコン選手のコーチでもある、吉田一尊(かずたか)プロです。

 

まずは、左ひじを外に向けていないか確認して下さい。

ひじを下に向けて、胸に乗せるように構えます。

 

そして、右ひじも下に向けてから前腕だけひねって、

下からグリップするようにして下さい。

 

タイガーウッズのアドレスを見て下さい。

 

 

次に構える時に、両足をそろえた状態から、

必ず左足から広げます。

 

骨盤が右にズレやすくなるそうです。

 

 

もう一つのポイントは、

構えた時に胸を張らないということです。

 

背筋を伸ばして胸を張ると、

背中の筋肉は張った状態だけど、

腹筋が緩みやすくなります。

 

なるべく背筋をピンっと伸ばさず、

もちろん猫背も駄目です。

 

背筋、腹筋均等に張った状態で構えることを

心がけて下さい。