ドライバーでのダフリ・トップ・テンプラなどを解消する方法です。

ドライバーでダフったらボールは真っ直ぐに飛ぶけど飛距離は大幅にロスしますよね。
また、トップしても球が上がらず低いゴロ。テンプラも同様で飛距離は出ません。

ではどうしたら良いか?

人気プロゴルファーの藤田光里プロがレッスンしている動画があるのでご覧ください。

注意点は2つ、「顔を残すこと」と「左ひじを曲げないこと」です。

左ひじが曲がって脇が開いてしまうとスライスしてしまうし、顔が早めに動く(ヘッドアップする)とダフってしまう。
なのでその2点を意識してスイングするそうです。

スイング全体の中での意識でしたが、バックスイングがうまく上げられないというときはどうしたら良いでしょうか?
藤田光里プロがバックスイングで意識するところは?

肩をしっかり回し、右の股関節を絞める感じ。

あれこれ考えてしまうとうまくいかないので、その2点を気を付けるようにすれば、正しいバックスイングができるようになります。

細身の体ですが、飛距離はかなり出る選手なので参考にしてみてください。

藤田光里プロと香妻琴乃プロのショット動画です。