全米女子ツアーで1、2位を争う飛ばし屋、レクシー・トンプソンと比嘉真美子プロとの共通点とはどこでしょうか?

まずは、レクシー・トンプソンのスイング動画です。

180㎝以上ある長身を生かし、高いトップから両足が浮いてしまうのではないかというくらいの地面の蹴りと軸回転の速さ。
なのに方向性を重視するために、フォローは左ひじを抜いて真っ直ぐ目標方向にフェースを出していきます。

長身かつパワーがなければできない打ち方ではありますが、真似すべき点は軸が中心からブレないところです。
フィギュアスケートのスピンのように中心で回ると体の回転は速くなります。

「バックスイングで右足に乗って、体重移動して左足に乗る」というようなスイングをしている方は、中心で回転する意識で練習してみて下さい。

続いて、比嘉真美子プロのスイング動画です。
2014年ドライビングディスタンス第1位の飛距離が売りの選手です。

レクシー・トンプソンとの共通点はインパクトの時に左足が動くところ。
動くけど右足に体重が残っているわけではなく、中心で素早く回転しています。

正面

ついでに後方からの動画もどうぞ

練習で体の軸を意識して素早く回転できるようにやってみて下さい。

 

飛距離アップしたいならこちら → 飛距離アップ