2017年度ドライビングディスタンスで堂々1位になっている(5月7日時点)葭葉ルミプロが、2016年からのトレーニングで大幅に飛距離アップしました。

平均飛距離は259.89ヤード
そのスイング動画がこちら

ナイキNIKEのクラブから「クレイジー」のヘッドとシャフトを採用して、「球がヘッドに乗ったような強い球が打てるようになった」と本人も言っています。

一般のアマチュアゴルファーはトレーニングなどしないと思いますが、クラブを替えて調子が良くなることや飛距離アップすることはよくある事です。

ドライバーの飛距離に悩んでいる方はクラブを替えることも、飛距離アップの一つの手と言えますね。

軽く振っているようですが、クラブに上手く仕事をさせています。

両足のスタンスの範囲内で小さく体重移動しているので、それほどパワーが無い方でもヘッドスピードを上げるには良い打ち方かなと思います。