4大メジャーの一つ、全米オープンで2位タイとなり

松山英樹は世界ランキングの日本人最高位の3位を更新し、2位となった。

 

 

ランキング1位はダスティン・ジョンソン

3位はローリー・マキロイ

4位はジェイソン・デイ

となっているが、3人とも全米オープンは予選落ちした。

 

 

ランキング上位の選手たちも予選落ちするほど、

過酷な戦いの中で、この成績は

本人も自身になったに違いないでしょう。

 

 

見逃した方は、youtubeでハイライトシーンをアップしている人がいたので、

こちらをご覧ください。

 

最終日前半ハイライト

最終日後半ハイライト

初日のイーグル

絶好調でもメジャーが取れないと引退会見で言っていた宮里藍でしたが、

「神の子」と言われたセルヒオ・ガルシアですら、

プロ転向から18年かかってようやくメジャー(2017年マスターズ)を制しました。

 

 

それほど難しい事ではあるのですが、

松山英樹のメジャー制覇はもっと近い将来に実現しそうな予感をさせたプレーだったような気がします。

 

 

全米オープン2位での賞金は、約1億2千万円。

今年の獲得賞金の額は、既に6億円を超えている。

 

 

その一方で、同学年の石川遼は何をしていたか?

全米オープン本戦出場をかけた最終予選で、カットラインの8アンダーに及ばす、

3アンダーで出場できなかった。

 

 

ただ、日本に戻って数試合プレーして、優勝をする実力は持っています。

今後、松山英樹の活躍と共にきっかけを掴んでもらいたいところですね。