小澤トレーナーのWEB講座の詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ゴルフスイング物理学


今回は、 「アプローチのコツ」 というテーマです。

アプローチのコツなんてプロの方が
たくさん動画をアップしたり、雑誌やサイトで紹介していますから
技術的な事が知りたい方はそちらを見た方がいいと思いますが、

ここでは技術ではなく
皆さんには、まずこれをやって欲しいという事があるので
お伝えしたいと思います。

それは、自分が実際にラウンド中にアプローチしているところを
動画で撮るという事です。

なぜか?

詳しくはこちらの動画をご覧ください。


自分ではバックスイングとフォローの振り幅が同じだと思って
アプローチしました。

でも実際に打つ時にインパクトで止めてしまっていますね。
素振りと全然違います。

でも撮った動画を見て初めて気付いたんですね。

無意識にやってしまっているので
このようなインパクトで止めてしまっていること自体
わかってないですから直しようが無い訳です。

これじゃ駄目なのはプロに聞くまでもなくわかりますよね。

まずはバックスイングとフォローの振り幅を同じになるように
繰り返し練習して、しっかり癖になるくらい体に覚えこませるように
しないといけないよな・・・ってなりますよ。

そうしていくうちに、
これくらいの振り幅だとこれくらいの距離
というのがわかってきますから
アプローチも上手くなっていくはずです。

アプローチが苦手、もしくはもっとうまくなりたい という方は、
まずは動画を撮って、自分がどういう打ち方をしていて
ダメな部分は無いかチェックしてみて下さい。

それからプロの方のレッスン動画をご覧になれば、
自分に合った技術的な内容がすんなり頭に入ってきます。

闇雲に動画を見まくっても
フェースを返す、返さない
などプロによって言う事が違ったりするので

まずは自分のスイングをチェックをすることを
おススメします。

動画を撮ることで、私のようにインパクトで止めたり
あとは、アドレスが変だったり
ハンドファーストじゃなかったりなど
初めてわかることもあると思います。

今100円ショップでもスマホスタンドなんていうのも
売ってますので、 同伴者の方にお願いし辛い時は
スマホを立てて撮影してみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

小澤トレーナーのWEB講座の詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ゴルフスイング物理学