バンカー越えのアプローチで、さらにピンが近い時、バンカーには入れたくないし、かといってオーバーすると下りのパットが残るのも嫌だ。

そんな状況の時、プロはどのように打っているのか?

youtubeで調べて3人のプロのレッスンに絞って、打ち方をまとめてみました。

詳しくは下の動画をご覧ください。

中井学プロの場合

中井学プロはアマチュア向けに「手打ちの人でもふわっとボールが上がる打ち方」をレッスンしていました。

1、スタンスはスクエアでボール位置は真ん中。

2、通常のグリップから、時計回りにひねる(ひねってからグリップし直しては意味がありません。要はフェースをオープンにしてストロンググリップで握るという事)

3、左手の親指方向にコックを入れながら打つ。この時わざとフリップさせる(左手首を甲側に折る動き)。

このように打つとフェースが自分の方に向き、スピンの効いた止まる球が打てます。

吉本巧プロの場合

1、ウェッジを地面に置いて、グリップエンドをクリクリと回して手を解放してあげると、そのウェッジの理想的なフェースの開き具合で止まる。

2、その状態で通常のグリップ。フェースは打ちたい方向に合わせてアドレス。

3、レベルブローに振る。打ち込んだり、煽ったりしない。

高橋勝成プロの場合

1、アドレスはターゲット方向にスクエアに構える。オープンにはしない

2、上からウェッジを軽く置いてやると、自然にフェースが開いた状態になる。ターゲットにフェース面が向いていなくて正解

3、ハンドファーストにならないようにして、クラブの遠心力に任せて振る


プロによってレッスンは微妙に違っていますが、あなたに合ったレッスンで練習してみて下さい。