ユーティリティってどれくらいの飛距離が出るのでしょうか?

ザックリとですが、ドライバーの飛距離が230ヤードの時と、
250ヤードの時で分けて表にしてみました。

いろんなサイトがありますが、大体この前後の飛距離と表記してあるようです。

もちろんヘッドスピードによっても大きく違いますから、
あくまでも参考程度にしてください。

番手 ロフト角 飛距離 飛距離
1W  230  250
3W 15度  210  230
5W 18度  200  220
7W 21度  185  205
3U 19度  190  210
4U 21度  180  200
5U 23度  170  190
6U 25度  160  180
3I 20度  180  190
4I 22.5度  170  180
5I 26度  160  170
6I 30度  150  160
7I 34度  140  150
8I 38度  130  140
9I 42度  120  130
PW 46度  110  120
AW 52度  95  100
SW 58度  75  80

私はドライバー250ヤード、7番アイアン150ヤードなので、
他のサイトに掲載されている情報は大体合っていると思います。

ちなみに私は、ラウンドではユーティリティは3番1本だけです。

5番アイアンと5番ウッドの間を埋めるクラブは、
3番のUT1本で十分だからです。

プロみたいに細かく5ヤード刻みでの
ショットなんか打てませんからね。

それに、私が行くゴルフ場で180ヤード前後を
正確に打たなきゃいけないなんて場面は、
あまりないですから。

 

でもプロは別です。

参考までに、鈴木愛が初優勝でメジャーを制した、
2016年の日本女子プロゴルフ選手権大会
コニカミノルタ杯の3日目の15番ホールの動画をご覧ください。

200ヤードのショートホール
ユーティリティ4番でのショットです。

ティーグラウンドからはグリーンがバンカーで囲まれていて、
乗せるのも大変なホール。

しかもピンポジションは右バンカーの先の
エッジから近いという難しい状況。

それ程飛距離が出る選手ではない鈴木愛が、
4番のユーティリティで200ヤードを打つのですから、
上の表も大体合っているのではないかと、

改めて思いました。