いろんなサイトやレッスン動画で、

というのがありますが、

これは、飛距離アップには効果がありません。

 

ではどうするか?

次の動画をご覧ください。

 

 

ドラコン日本記録保持者の南出仁寛(きみひろ)プロの

コーチとしても有名な、吉田一尊(かずたか)プロのレッスン動画です。

 

目標方向ではなく、ボールに向かって投げつける。

これが飛距離アップのコツになります。

 

ブランコを立ってこぐ、

いわゆる立ちこぎでブランコを大きくこぐには、

膝の曲げ伸ばしでクラブヘッドを加速してあげるのが

一番のヘッドスピードアップへのコツとなります。

 

その動きを上手に利用しているのが、

ローリー・マキロイです。

 

 

先ほどの吉田一尊プロの動画にもあったように、

なぜローリー・マキロイはマン振りした方が真っすぐ飛ぶのか?

というと、

 

いつもマン振りすれば、同じ位置にヘッドが戻ってくる

というスイングをしているので、

真っすぐに打とうとしなくても、勝手に真っすぐ打てる。

 

あまり考えなくてもいつも同じスイングを

心がければ正確なショットが打てるということなんですね。

 

松山英樹選手よりも小さい体で飛距離が出るのは

そういうスイングをしてるからなんです。

 

もし練習で取り入れるなら、

ブランコの立ちこぎをイメージして

スイングするように心がけてみてはいかがでしょうか?