今回は、タメを作る方法をご紹介します。

タメができず、いわゆるアーリーリリースになり、
飛距離も伸びない・・・。

そんな悩みを解消してください。

 

タメを作ろうとして振り遅れ、
右にスライスボールが出た
という経験はないでしょうか?

 

実は、タメというのは勝手にできるもので、
プロゴルファーでもタメを作ろうとして
スイングしている人はいません。

一番わかりやすく解説しているのが
以下の2つの動画です。

最初は、ドラコン日本記録保持者の南出仁寛(きみひろ)プロ。

バックスイングはノーコック。
ダウンスイングの時に引っ張られて勝手にコックが入る。
というのがタメの正体だそうです。

どういうことか?

次の動画で更に詳しく説明しています。

先ほどの南出仁寛プロのコーチをしている
吉田一尊(かずたか)プロの解説です。

南出プロのコーチですから、
理論は吉田プロの理論ということですね。

動画の中でドリルが紹介されていますが、
最初の動画で言っているように、

ノーコックで上げ、ダウンで抜いてコックが勝手に入る。

この右手の使い方を練習して体得してください。

練習場に行かなくても自宅で簡単にできると思います。

 

あと、これも参考になると思いますが、

タメを作れずアーリーリリースになる癖を直すレッスン風景の動画です。

なかなかすぐには身に付かないものですから、

ある程度、体が自然に出来るようになるまでは

練習が必要ですね。